会社での職場いじめの実態とは

 いじめと聞くと、学生の子供達の中でのことを考える方も多いです。
しかし、大人になってもいじめが起こることがあります。
会社に就職して働いていると、職場いじめが起こることもあります。
皆が仲の良い職場があることも事実ですが、会社では先輩や後輩などの関係があり、上下関係が出来ます。
新人の立場の方がいじめに遭う場合が実態として多いです。
例えば、仕事が遅いことや特に理由はないけれど気に入らないという理由だけでも、無視をされたり皆に悪口を言われたりすることがあります。
大人ですので暴力を振るわれたりすることは少ないですが、精神的に追い詰めるようなトラブルが発生したりします。
特に、女性の多い職場では、集団心理というものがあり、職場に馴染めないような人や嫉妬の対象となる人は嫌われやすい実態があります。
うまく皆に馴染むことが出来れば味方になってくれる場合が多いですが、内気なタイプで職場に溶け込めない人はターゲットになりやすい可能性が高いです。
会社でいじめを受けることは、職場や上司に問題があります。
また、会社には社員に働きやすい職場で働いてもらうという責任があるのです。
陰湿な嫌がらせや悪口などで、優秀な社員を精神的に傷つけることは良くないことです。
働いている人が働きやすいと思うような会社にしなければ、会社によっても利益の損失になってしまいます。
嫌がらせや悪口を言われたりした場合には、一人で思い悩まないように気を付けましょう。
まずは、話しやすい同僚や上司に相談をして、注意してもらうことが大事です。
いじめられたから退職してしまうことは損です。

今までのキャリアが無駄になってしまいます。
また、会社にとっても働いてくれている社員が、いじめを理由に退職していくなんて許してはいけないことです。
良い会社とは、いじめがなく皆が働きやすいと感じていることが条件です。
一人でも、無視されていたり嫌がらせを受けているという実態を許してはいけません。