いじめられる子の特徴と改善ポイント

いじめられる子にはいくつかの特徴があると言われていますが、自己主張が弱過ぎる場合ですとターゲットになってしまう事があるようです。例えばいたずらで何かの嫌がらせをされてしまった場合、多くの子供は何かしらの拒否反応を示すものですが、しかしながら自己主張があまり得意ではない子の場合は、強く拒否反応を示すような事はせず、そのまま受け入れてしまう事があります。そして相手からすれば、「何をしても文句を言わない子」という風にインプットされてしまう事がありますし、そして次第にいじめへと繋がってしまう事があるのです。

 

自己主張が弱い場合は、主張する力について改善する事が大切です。良く言えば何でも受け入れてしまう器の大きな人間とも言えますし、優しさの表れでもあるとも言えるのですが、しかしながらいじめる側を付け上がらせてしまう原因にもなってしまうのです。やはり嫌な事は嫌とはっきり伝える事も重要ですので、感情をもっと表現できるように改善をした方が良いかもしれません。

 

ただ、自己主張が強過ぎる場合もいじめられる子の特徴でもあるのです。出る杭は打たれると言いますが、正にその状態であり、輪からはみ出すような自己主張の強さの場合ですと、時には周りからも煙たがられてしまう事がありますし、仲間外れなどの嫌がらせを受けてしまうような事もあるのです。自己主張が強い場合は、もう少し調和を大切にするように改善する事でいじめられなくなる事もあります。

 

いじめられる子の特徴として、周囲よりも何らかのポイントが劣っている場合もターゲットにされてしまう事があります。例えば勉強が苦手、走るのが遅いなどが挙げられますが、下に見られてしまう要素がある事によっていじめに繋がる事もあるようです。ただ、何らかの得意分野があると一転して尊敬の念を持たれる事もありますので、何でも良いので人に負けない強みを持つように改善する事で好転する事もあると言えます。